けいてぃむのぼやき

もはやただの雑記ではない。

サッカー日本代表西野監督のポーランド戦でのあの采配について。ワールドカップロシア2018

サッカーワールドカップ予選の最終戦で物議を醸し賛否両論な日本のパス回しの件ですが、

 

凡人な僕はまず、

なんちゅう試合しとんねんボケぃぃ!!

と思う自分が先にでてきました。

正直でしょ。

 

でもよく考えたらサッカーはエンターテイメントではないんですよね〜。プロレスではない。客に見せるためのものではないし、なんなら客は勝手に観て勝手に騒いでるだけだ。

 

特にワールドカップなんてのは特に真剣勝負の世界。ゆうならばもう喧嘩です。

 

やはりどの国もプライドかけてるから負けたら泣くし悔しがるしマジでちょー本気。

 

前半のプレーと後半メンバーチェンジして少し様子見て、これは決めきれないな、攻めきれないと相手ボールになるから点を取られる可能性があがるリスクがあがる。

 

確かに決勝に行くなら後半のあの時間帯ではあの選択肢がベストだったかもしれません。

 

しかしながら南米やヨーロッパのチームが日本代表とまったく同じ状況だったとして、同じプレーをやったかと考えるとたぶんやらなかったと思います。

 

ぼく的にはそもそものコロンビアセネガルと戦い抜いたメンバーでいったら勝てたんじゃないかと。勝てなくとも引き分けはできたんじゃないかな。最終戦でのメンバー変更は失敗だと思います。

 

なんかめちゃくちゃ素人目ですし、正直なんならウイイレをみてるような気分で観てるところありますが、その目で見てもいまいちパスもキレてなかったですし、精彩もいまいち欠いてたような気がします。

 

でも、あの場面で6人もがらりと変えてくるあたり本当に勝負師だと思いますね。

 

次のワールドカップを見越しての判断かもしれないと思うと、やはり西野監督を賞賛するし、もっとみんなから評価されるべき監督だと思います。

 

何はともあれ次の西野監督の采配が楽しみという、サッカーの新しい楽しみ方を得ることができました。

 

次はガチで勝ちにいこう!!!!!

 

楽しいねサッカー!!!!

今日はこのへんで。