keitimのぼや記

日々ぼやきます

佐藤健寿の写真展を見てきたので感想

大阪のなんばパークスで、

佐藤健寿さんの写真展を見てきました!

f:id:ktmdsk:20180509031756j:image

 

平日なのに思ったより人が多くて、

狭いフロアに結構ぎゅうぎゅうしてて人気の高さがうかかがえました

f:id:ktmdsk:20180509155308j:image

この写真はがらがら感ありますが人のおらんタイミングで撮ったやつです

 

今回はその感想をお届けします!

 

佐藤健寿さんの魅力はどこ?

 

佐藤健寿さんの写真は、

奇怪な祭や建造物などを「あるがまま」に撮ってる感じがします

あえてこだわらないというか、小細工や言い訳がない感じが好きです!

 

f:id:ktmdsk:20180509155421j:image

 作品というよりかは、まるで自分の目で見てるようなリアリティが強い!

 

なんじゃこりゃ!!っていう、例えばこうゆう写真には怖さを感じたりもします

 

f:id:ktmdsk:20180509155023j:image

 

 そこから僕らはもう当たり前に、世界中いろんな国で奇怪な建物や奇祭があるんだなーと思う 

 

目から普段見たことのない物新しさを感じる

 

世界は広いなーって感じるし

文化的な深さも感じる 

 

そうしてるうちに自分の普段見てる世界ってすげー限定された世界やなーと思えてくる

 

それってちょっと視野が広がったってことですよねーそれがモチベーション上がるし、行ってよかったなと思えますねー

 

 まとめ

佐藤さんはただただ自分の興味あったとこに行って好きな写真を撮ってるっぽい。

 

それを誰もやってないのでオンリーワンな存在になってますねー

 

見習わなあかんなーと

 

今後ますます目が離せない存在です!!

 

今日はこのへんで