keitimのぼや記

日々ぼやきます

ブルージャイアントの主人公『大』は自分らしく生きる3つの方法を知っている

いやーブルージャイアントおもしろいです!

 

ジャズ漫画なので楽器演奏中のシーンは言葉がなくて、絵の流れに感情があって心に響いてくるところが好きです

 

主人公の大は後にジャズ界のスターになるのですが、自分らしい生き方できてるなー って思います

 

今回は、僕の尊敬するすごい人から教わった自分らしく生きる方法を3つどどんとします

 

自分じゃないことはやらない

 

まず1つ目は、

自分じゃないことはやらないです!

 

イヤならNO

 

これやったら自分じゃないな!

ってことはしない!

 

主人公の大はドイツのハンブルグ

金欠で大ピンチなり、
お金集めるために路上ライブをするんですが、

 

予想以上に集まるお金に
「こんなイージーなことを続けてると演奏までイージーになる」と言って


次からやらないと決めました!

また金欠になるかもしれないのにね〜

イージーなことを続けることは、

常に全力の大にとって自分じゃなかった!

 

逆にーーーー

こわいはGOで!

 

こわいと思うことは『やりたい』や『ワクワク』が含まれてるんですよー

どうでもいいものには何とも思わないもんね!

 

進むことは確かにこわいさ!

僕も、あなたも、あのすごい人も!

でもこわいままでやっちゃいましょう!!!

f:id:ktmdsk:20180424151905j:image

 

 「自分だから」という理由で生きる

2つ目は、

 

自分だからという理由で生きる

 

例えば、渡り鳥に「なんで海渡るの?」って聞いたら、『そこに海があるからさ』と答えるでしょう、

 

 

当たり前ですが渡り鳥は海を渡る鳥だから渡り鳥なんです。

周りの意見も、損得とかも関係なく、

渡り鳥にとってはただただ自分だからです

 

当たり前に「それするのが自分やからねー」

「誰がなにを言おうと俺はそれでいい」

くらいのノリでいいじゃないすかね

 

f:id:ktmdsk:20180424153343j:image

 

とことん自分を信じる

 

そして3つ目は、

とことん自分を信じる

 

なにかを始めれば、「お前にはむり」だとか、

なにかに突出してくれば「そんなのもつかの間だ」とか、周り世間から色々とバッシングはあることでしょう

 

例え、世界中の誰もに信じてもらえなくても、

どんな現実を突きつけられても、

自分だけは自分を信じてあげること

 

これは超大事です!!!!!

 

f:id:ktmdsk:20180428002235j:image

 

まとめ

 

この3つができると、上手く能力を発揮できて満たされるでしょう

僕は今実践中ですがそう思います!

 

それを大は自然にやってのけている!!

 

こうゆう視点を持ってブルージャイアントを読むと励みになるし、楽しいです!

 

まあようするに、

ブルージャイアント最高ォォォォォオ!!!!  

 

今日はこのへんで