やけどの治療にラップを使ってみた

やけどの治療にラップを使う方法があることを知り、さっそく試してみることに。どうやら正式には湿潤療法というらしい。

 

湿潤療法とは清潔にした患部にワセリンを塗りその上からラップを張り常に湿潤させておく療法だとか。

 

とにかくやってみる。  

これ大事。

 

3日ほどまで生々しく膿んでいたが、あきらめず続けてたら1週間ほどでかさぶたになった。(いまココ)

 

やけどの種類によって効く効かないパターンはあると思うけどこれは1つのいい方法だと思いました。

 

かさぶたになったので、次はやけどのかさぶたがポロリととれて跡も残らないというおすすめの薬を頂いたのでそれを試してみます。