けいてぃむブログ

胸がパチパチすることを書いた雑記

生きてるだけで◯もうけ

僕の先輩には胃がない

 

若い時にバイクでトラックに突っ込んで事故し、全摘したそうです

 

ごはんを食べに行ったら、食べるのはゆっくりではあるけど、最近ではクラブイベントを主催したり、好きなことやって人生を謳歌してる

 

大阪の老舗のお好み焼き屋で、

熱々の鉄板にジュワーッ!というソースの音が響くめちゃくちゃウマい豚玉を食べながら、

先輩がぼそっと言った

 

『俺なあ一回死にかけたからわかったんやけど、もう人生なんでもありやで。常識って何?どうでもよくなった。

 

ほんまいちいち悩んでるなんて時間がもったいないで。胃はなくなったけど、ほんま生きててよかったわ。』

 

『人生一回きり』ってのは、

耳どころではなく、目にたこができるほどになにかでよく見かけるし、

 

当然わかっちゃいるつもりやったけど、

やはり、実体験からくる言葉はすごい!

 

こっぱずかしくて先輩には面と向かって言えないけど、めっちゃ心に刺さった

 

先輩は『生きてるだけでまるもうけ』を肌でかんじてるんちゃうかなー!

ほんま楽しそうに生きてる!

 

で、そうなるためには

 

何かを得ようとするんじゃなくて、

自分に降参して笑っちまおうぜ!

ってこと!

 

だって先輩の場合、

胃がなくなったらさ、

あぁぁ俺、胃ないわー人生終わったー!

ってその後の一生を

くよくよして生きても仕方ないもんな!

そりゃ最初は絶対悲しいよ!!

それに

めっちゃ不安もあると思う!!

でもずっとそうしちゃうのは、その後の自分がかわいそうでしょ?

 

自分のしょーもないところなんて認めて笑ってガハハハははーー!!!!

でいいんだぜ!!!!

 

今日はこのへんで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】インドのスポ根映画『ダンガルきっと、強くなる』を観て

『ダンガル、きっと強くなる』を観ました!

http://gaga.ne.jp/dangal/index.html

 

f:id:ktmdsk:20180422005821j:image

 

ざっくり言うと、これは実話で、

父が娘をレスリングで金メダリストにする話です!

 

インド映画の興行収入1位になり、中国では『君の名は。』をダブルスコアで引き離したらしい

 

 こんな王道のスポ根映画は久しぶりです!

 

 ほんといきなりですいませんが、

僕がこの映画を観て、

イメージしたのがこちらの方です!

f:id:ktmdsk:20180421002224j:image

 

伝説のスポ根ドラマ『スクールウォーズ』といえばこのお方でしょう(実話なのもこの映画と共通)

 

はい、

まあそれは置いといて(置くんかい)

 

この作品は、

先日観た『彼の見つめる先に』の変化球とは真逆で、ストレートの直球です!

 

けど、

この映画は「スポ根」っいう言葉の響きほど軽くはないのです!

 

なぜか??

 

実は、そこに僕が胸打たれたポイントがありました

 

自分と娘を信じる心

 

インドでは、

まだまだ男児を尊び女児を疎む風潮が根強く、娘が産まれたら幼い頃から家事させて、

大きくなったら素性も知らない男に嫁にやるという風習があるらしいのですが、

特に田舎の村ではそれが色濃く根付いてるらしいです

 

なのにも関わらず

父マハヴィルはタブーを犯してまで、

娘ギータとバビータの才能を信じました!

 

ってかこれはマハヴィル自身も

自分をとことん信じてないとできないですよねー!

 

自分をとことん信じて行動する

僕はそこが一番響きましたね!

 

やはり、

娘をトレーニングさせ始めた頃は、

笑われるし反対やヤジにもあう、

娘に厳しくすればクレイジーだと言われる、

たしかに僕も厳しすぎると思いました、

やり方めちゃくちゃでスパルタでした

 

僕なら一瞬で逃げてますね(スポ根のスの字もない男)

 

まだまだ遊びたい盛りで、毎日のきついトレーニングにイヤイヤ期になった姉妹に、

 自分の思い通りになんかさせてもらえず

風習通りに嫁いだとある娘が、

 

「あなたたちは愛されてるのよ」と涙ながらに語ったことが、彼女達の心に響いて、2人は変わっていきます!

 

社会の常識、歴史的風習に逆らって、

タブーを犯してまで型から飛び出すことって、

ものっすごいパワーがいると思います!!

 

それは愛がないとできません!

形はどうあれ父の愛は本物なんです!

 

例えば、日本やったらなんでしょうか?

国道で馬に乗って娘を送迎するとか!?

法的にはありなはず(しらんけど)

とにかくそれくらいのことはしているんですね

 

マハヴィルは娘の下積み時代はずっと顔が厳しく、娘が活躍した時にのみ笑顔っていう名演技っぷり!

 

で、ギータは妹より先にインドチャンピオンになって、大人になってちょっと色気づいて挫折も経験するんですが、

最後は金メダルをとるっていう

お約束のパターン


もうベタな流れやからわかってるのよ!

もうわかってるけどめっちゃ感動しました!!!!!

 

胸を打たれる舞台裏

 

なんと子供時と大人時の姉妹役で出演してた4人の女の子は、全員レスリング未経験でこの作品のために練習したらしい

 

少女の時の子なんか普通にセンスあるからレスリング選手かおもた

 

父役のアミールカーンも最初は痩せてムキムキやったのに、年老いた後半はしっかり中年太りしてて、役作りに対する高い意識を感じて胸アツ!!!

 

インドってそうゆうとこもゆるいイメージがあったから、ストイックで意外や意外でした!!

 

まとめ  

 

泣けるし展開も潔くて、スカッとして気持ちがいいですこの映画!!

 

この話はリアルな話のようで、

インド初のレスリング金メダルをとった後、女子のレスラー志願者がめっちゃ増えたそうです

 

正直、最初は虐待に近いスパルタなトレーニングにちょっとひいてましたが、

自分を信じて強く発信しないと
人の心には響かないんだなー
とめちゃくちゃ思いました!!!!!

 

今日はこのへんで

【旅行】安く行ける台北のすすめ

こないだトランジットで台湾に一泊しました

 

トランジットなんでまあ特に何もせず、 

夜市ぶらぶらしたりしてました

f:id:ktmdsk:20180420124814j:image楽しくてあっという間でした!

 

ってか、あれ?全然お金減ってねえ

 

今回は、僕が行った

台北のチープな食と宿を紹介します

 

司機倶楽部の魯肉飯(ルーロー飯)

まずはローカルな食堂で台湾名物魯肉飯を!!!

 

ここは下記ででてくる

NKホステルのすぐ横にあって、

ホステルスタッフのナイスな兄ちゃんに教えてもらったところです!

 

台湾で「司機」は、タクシーとかの運ちゃんのことらしくて、それっぽい人がこぞって食べに来てる感じでした

 

ってかなにもかもうまし!!

 

ベトナム料理が口に合わんかった友達がしきりにうまいを連呼してたなー

f:id:ktmdsk:20180420030759j:image

魯肉飯 とかなんかいろいろ(魯肉飯以外名前わからん)

f:id:ktmdsk:20180420030911j:image

緑のお椀のやつが魯肉飯です

ざっくりゆうとサイコロ角煮ご飯

こんなんごはんと合わんわけがないっす!!

腹減ってる時にガツガツいきたいやつです!

 

ここのおばちゃん達はかなり勢いあるから、

こっちもテンション高めでいったら喜んでくれます

言葉わからんでもメニュー指差しでコレとコレ〜ゆうたらOK!!

3人でがっつり食べて1000円くらい

場所は南京三民駅から徒歩10分くらいのとこ

 

司機倶楽部

 住所105 台湾 Taipei City, Songshan District, Section 5, Nanjing East Road, 399之2號(グーグルマップでコピペしたらでてきます)

 

NK HOSTEL

 

宿はNKホステルってとこに泊まったんやけど、

僕がこれまで日本、海外の泊まったホステルやゲストハウスなどの格安系の中で今のところ総合1位です!!!

 

なにがすごいってまず設備がキレイ!

f:id:ktmdsk:20180420121539j:imagef:id:ktmdsk:20180420121613j:image

2枚目夜中なので暗くてスンマセン

 

スタッフがめっちゃ親切でいい感じ

ここのスタッフめっちゃ親切です(2回ゆうたった)

司機倶楽部を勧めてくれて、ネットで調べてメニューをコピーしてコレとコレがうまいぞってマークつけてくれて、ホスピタリティ高っ!とと思いました

 

3人で1人2000円ドミトリー部屋予約してたんですけど、3ベッドの部屋空いてたからってグレードアップしてくれました!!!

ここのスタッフは神です!

f:id:ktmdsk:20180420122322j:imagef:id:ktmdsk:20180420122357j:image

 

司機倶楽部同様、若干駅からは遠いですけど周りになんでもあるんで便利はかなりいいです!

 

NKHOSTEL(小公館人文旅舎)

 

住所→No. 399, Section 5, Nanjing East Road, Songshan District, Taipei City, 台湾 105グーグルマップでコピペしたらでてきます)

 

台湾食べものいろいろ

胡椒餅 

f:id:ktmdsk:20180420123223j:imagef:id:ktmdsk:20180420123436j:image

なんかツボみたいなんで焼いてるおやきみたいなやつ、地元民がめっちゃ並んでたから並んでみたら激うまでした!!

僕は日本の肉まんなんか比べもんにならんと思ってしまいましたね〜

 

これは牡蠣のオムレツ

f:id:ktmdsk:20180420123554j:image

まあまあ。とろみが強くてこのとろみいらんわーゆうておりました

 

名前わからんけどなんか貝

f:id:ktmdsk:20180420123621j:image

味はちょっと濃いめで美味いです!!!

量が多いから飽きる!!!

 

まとめ

 まあ1日だけでしたが、特に節約してなかったのに、1万円分換金したらかなり余ってしまいました

 

台湾はチープに楽しめるので最高ですね!

気にいったんでまた来月行きます!!

 

今度はまた違った台湾の記事をお届けしたいと思います 

 

今日はこのへんで!

 

 

 

 

【映画】『彼の見つめる先に』を観て

大阪シネリーブル梅田で公開中の、
『彼の見つめる先に』を観てきました!

 

f:id:ktmdsk:20180418233852j:image

 

 する気持ちは、に見えないー

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

 

僕が今まで見た映画の中でも少し特殊で、

 

いわゆる直球な青春映画ではなく、軽いスライダーがかかったような、変化球な青春さを感じた映画でした

 

直球がきたつもりで思いっきりバット降ったら手前でぐいーんと曲がってストライィィィク!!!!みたいな映画でした。。

え、なにそれ?

f:id:ktmdsk:20180419014211j:image

 

最後は大どんでん返しというほとではなかったですが、

あらまーあなたたち!そうきましたかぁぁ!

という、小とんてん返し(マイ造語:大どんでん返しの類義語)くらいの、まあなんとなくわかってはいたけど少しだけ意外な結末!

 

よかったところ!

 

この映画は主人公のレオが全盲でなければ、成り立たないストーリーやと思います

 

もし、目が見えていれば結末は全然違ったでしょう

 

レオは目が見えない分、

繋いだ手の温もりを感じたり、

実況してもらいながら映画を観たり、

なにも考えずただ音楽に体を任せてダンスする喜びを教えてもらったり、

日食を見るために深夜に家を抜け出して

自転車で2人乗りしたりしていくうちに恋をします

 

そう、レオは視覚以外の「感覚」で恋をするんです!!!きゃー!すてきやん

 

んで、

幼馴染みでめっちゃかわいい女の子ジョヴァンナと、転校生のガブリエルが彼のハンディも関係なく、献身的でめちゃくちゃ優しいんです!

 

クラスメイトのホームパーティーや、

林間学校でテントを秘密基地にしてこっそりウォッカを飲んだりする、

あのティーン独特のませた感じがなんか甘酸っぱくて微笑ましかったです!

 

お約束の、

ちょいちょいいらんことしたり、

いらんことゆうてイジってくるクラスメイトもおって、レオが中指立ててファ◯クして屈さない辺りも漢気あってええです!

 

 

ここがひっかかったのだ 

 

この映画PG12やったんですよー

12歳以上からしか見れないってやつです! 

 

ってかPGとR指定って種類違うんですね

 

この映画に関してはまあ未成年で酒飲んだり、

あのラストの結末やったり

子供には少々刺激的な部分はあるけど、

 

個人的には、

べつにPG12指定いらんやろー!と思っちゃいました

たぶんこんなんしてるの日本だけじゃないかなー 

 

今はまだ日本では同性愛の文化って根付ききってないけど、子供たちが大人になる頃には今よりさらに根付いてると思うし、

 

僕らの少年時代よりも未来の少年はませてるだろうから観せてもいいんじゃないかと思う!

 

まとめ

この映画では、

全てが新鮮でドキドキワクワクしてた青春の甘酸っぱさと、

ブラジル映画のオシャレ感が味わえて、

尚且つストーリーもちゃんと中身がある

という

かなりの良作です!!

f:id:ktmdsk:20180419022304j:image

 

今日はこのへんで

自分なんかさっさと認めちゃいなよ

ブログをコンスタントに更新しようとしだして1か月が経ちました!

 

毎日更新するのを目標に掲げておりましたが、毎日はむりでしたねー

毎日更新できる人神ってるなおい

 

ちちょいきいてくださいよ!!!

半日は仕事でとられてるんで、正直毎日はきついっす!!!

え、んなもん言い訳だ!

半日仕事でもやるやつはやってるって!?

そうですよやる気がたりないんですよ!

ってかそもそもやる気とかいるんですか?

え、開き直るなボケそんなやる気のないやつのブログなんか見れるかって!? 

ちっくしょーー!!!!!

 f:id:ktmdsk:20180416225253j:image

 

はい

 

大事なこといいます

 

自分のがんばりは労いましょう!

なにがあっても、俺は私は、まだまだなんだ!!というどM体質な人はまだしも、

普通の人は労いまくりましょう!

自分を責めないこと!これほんま大事です!

 

なぜかというと、

自分を認めないと、他人も自分を認めてくれないからです!これは経験上まじです!

 

今はPVこそ全然ですが(PV見るとへこむぜ)

じわじわと上がってきてるので、なんとなくコツがわかってきてる気がします

 

どのジャンルでもそうかもですけど、

自分が楽しんで、人に楽しんでもらってお役に立つ、これですね!

 

細かいテクニックとかうとすぎてやばいんで、いい記事を書けるよう切磋琢磨です!!!

 

ドラゴンボール7つ集めて神龍呼べるなら、なんでも言語化して人を楽しませる力を僕にくださいというだろう

f:id:ktmdsk:20180416230334j:image

 

今日はこのへんで!

 

 

 

ガンガンいこうぜはいのちあってのもの

f:id:ktmdsk:20180414231741j:image

こんにちは

突然ですがみなさんは、

ライデインを食らったことありますか?

 

ぐああああーーッ!!!の方ね

 

じつは、僕はあります。。   どーん

 

え?しょうもない?

うん、はいごめんライデインうそ

 

で、僕が実際食らったのは

 

人生初!ピヨる

 

むかし3m40cmの脚立に乗って天井裏のメンテの仕事してたとき 

 

いきなり全身にドゴォォォォォォォォンッ!!!っちゅう衝撃がきた。。

外からじゃなくて、体の内側から衝撃がくる感じ

 

とつぜん視界が真っ赤になって、眼球から火が出る感じになって星が飛びまくって、3m40cmの高さでガチでピヨった

 f:id:ktmdsk:20180414234325j:image

 まさにこんな感じ

 

感電した!

 意識が戻ったけど、最初は何が起こったか全然わからんかった

ただ、これは結構ヤバいパターンのやつやと思った

 

衝撃で舌を噛んで、口の中が血だらけになってた。脚立の下から「おーい!!大丈夫かー!?」と聞かれて、冷静に周りを見てようやく自分が感電したんだとわかった

 

 

f:id:ktmdsk:20180414231741j:image

もう一回添付したけどね、、

 

 実際には

感電してる時って体が硬直して声だせんから、ぐああああーーッ!!!とか言えねーし!!!

 

手も足も口も動かんから助けすら呼べんのよ

まじこわ

 

のちにわかった原因は

作業時の電気の主電源OFFを怠ったことなんやけど、電気ビリビリのところで汗ぼとぼとかいて作業してたらそらそうなりますわなー

 

ってか、こうゆう時って変に気になってググってしまわないですか?

 

ちょっと心配やったんで『感電  症状』でググったら、案の定全くもって全然ええこと書いてないからマジでびびりました。

 

もし、怖いものみたさでご興味ありましたらぜひおググりくださいませ。自己責任でお願いします。うひひ。

 

まとめ

 幸いなことに今は健康なので大したことなかったんやけど、ほんま助かってよかったー!!!

 

もう間違いない

 

さくせんは、

いのちをだいじに ですよ。

さくせん

ガンガンいこうぜはいのちあってのものです!

 

今日はこのへんで。

ジャズマンガ「BLUE GIANT」の名言に本気でシビれる

f:id:ktmdsk:20180414003342j:image

こんなこと言いたくね?

 

愛読する「BLUE GIANT SUPREME」の一コマで、人脈作りやー!ゆうてバンドを転々とするドラマーに、その後バンドを共にするピアニストが放った一言です

 

た、たしかに!!!

音楽なら音楽、絵なら絵

はたまた大道芸や、

ストリートでバケツドラム叩いてる人なんかも

突き抜ければ社会は放っておきません

 

ブログでもそうでしょう

面白い上質な記事を書けば、いろんな人が読んでくれるしそこから展開がある

 

 最近気づいたのは、

広く浅くよりも、狭く深くを意識したほうが結果として広がるなあということ

 

例えば、トップブロガーなんてブログを書いて書いて書きまくって、いい記事を蓄積して深めていったら、

 

それが結果として人を寄せて、ノウハウを売ったり出版したりと色んな方向に広がっていってる

 

ほんま素晴らしい時代ですねー!!!

 

もう正直ね、大口叩くと、

僕もそうなりたいです!

なりたい!!いくぞー!!!

 

いくぞー!!は勢いで書いちゃいましたけどそのままにしておきます

 

まあゆうだけやったらタダなんでねすいませんね、へへ

 

だってあれですよ、

そんなん知ってるわぼけーと思うかもですが、これだけ覚えといていただければ幸いです

 

やりたいこととか夢を叶える最初の一歩は、

まちがいなく

言葉にすることです

 

僕なんかまだ何の方法論もしらないですけど、こうやってここで書き記すことでひとつ現実化しました!

ミクロマイクロのレベルかもしれないですけどそれでいいんです!

 

自分の手帳とかに密かに書いたりもいいと思うんですけど、僕の経験上は実際に人に言いふらしまくったり、こうやってなにかしら公にするほうがいいです!

 

野郎ども!やろうぜ!

今日はこのへんで。