傷跡になったそれを見て思うこと

何事においても最適な方法は存在する。

 

一般的にいわれる良い悪いが、自分に最適だとは限らない。

 

そいつを見つけ出すのは直感や自分のこれまでの経験則、信頼のおける人からの勧めであったりするのだろう。結局は自分のフィルターを通して自分で決める。

 

今回はただ単なるやけどの治療だが、いろんなことがわかった。俺はなにかをしでかすバカである。注意力がない。抜けている。もう仕方がないレベルである。認めざるを得ない。今世はこうゆう人間として生まれてきたのだ。全うしてやろう。自分のネガティヴな部分なんて受け入れるしかない。

 

いろんな人が心配してくれる。

これ効くで!とぬり薬をくれたり、病院行けとか気をつけろとかあほだとかなんだとか貴重なお言葉と頂く。ありがたやありがたや。

 

傷跡になったそれを見て思うこと。これからも最適なものを拾えるように自分のフィルターをきれいにしていく努力は必要なようだ。

 

 

やけどの治療にラップを使ってみた

やけどの治療にラップを使う方法があることを知り、さっそく試してみることに。どうやら正式には湿潤療法というらしい。

 

湿潤療法とは清潔にした患部にワセリンを塗りその上からラップを張り常に湿潤させておく療法だとか。

 

とにかくやってみる。  

これ大事。

 

3日ほどまで生々しく膿んでいたが、あきらめず続けてたら1週間ほどでかさぶたになった。(いまココ)

 

やけどの種類によって効く効かないパターンはあると思うけどこれは1つのいい方法だと思いました。

 

かさぶたになったので、次はやけどのかさぶたがポロリととれて跡も残らないというおすすめの薬を頂いたのでそれを試してみます。

 

 

 

火だるまの足から学んだこと

左足が火だるまになってしまった。

左足の下の側面がなんか熱いなと思ってぱっと見るとパンツが燃えている。

海外の面白ハプニング映像でこんなの見たことある。

自分の目を疑うとはまさにこのことで、とにかく必死で手で叩いて消火した。

周りのスタッフの反応も様々で、

大丈夫!?と聞いてくれる優しい人、

爆笑する人。。

おい!人ごとやと面白いんかもしれんけども!当人は必死である。

 

パンツにはこぶし大くらいの穴があいてしまった。足は火傷して大きな水ぶくれが2個できた。

 

原因は地面に置いている大鍋を炊くコンロが少し前に出ていて火が強かったため周りで作業中引火した、だが自分がちゃんと注意していたら防げるやつである。ちなみに俺は料理を提供する仕事をしています。危うく自分を料理してしまうところだった。

 

ありえない失敗をよくしでかす。

しかーしそれでへこたれず失敗を恐れずにやっていく。このスタンスが大事だと思う。むしろ失敗にしにいくくらいの勢いでいく。実際にそれですごく勉強になっているしすごく身についていると思う。f:id:ktmdsk:20170214020258j:image

行動力がない人への処方箋

みなさんは行動力ありますか?

僕は行動力がないことに悩み、克服してきたタイプです。

ほな今回は、行動力がなかった私がどのようにして動けるようになったかをお伝えします。
めっちゃ簡単!
 
f:id:ktmdsk:20151109150324j:image
 
まず、とかく行動力がない人はこのパターンがあてはまるようです。
 
◎そもそも意思のない人
◎頭の中でごちゃごちゃ考えてまとまらない人
◎やりたいことはあるが勇気がでない人
◎常識や周りの目を気にしてる人
など。
 
言葉にするといとも簡単ですが、
 
◎意思を持つ
◎頭の中を整理する 
◎勇気を持つ
◎常識や周りの目気にしない
など、できてればまあ動けるでしょう。
 
たしかにメンタル的なブロックとかあるんかもしれませんし、そんな簡単なもんじゃないと思ってる(思いこんでる)から、動けないのもわかります。
 
でもでも、私自身こうしたらいつの間にか結構動けるようになってるやんってのがあります。
 
『とにかく動く 』です。
 
なんやそれって感じでしょう。
でもそれしかないよね。
 
そしてそれを習慣にしていくことやと思います。動ける範囲が広がっていくというかな。
 
実は今日のブログもとにかく動いてみた結果です。書くまではなに書いたらええんやろーと悩みました。行動力ないやんって。まあでもとりあえず書こうとしたところこのテーマが降りてきた感じです。
 
意思が微弱でも
頭の中がごちゃごちゃでも
ヘタレでも
周りの目や常識を気にしながらでも
びびりながら不安ながらも
◯便ちびりながらでも
 
とにかく動く。
 
まずは一歩。といいますが、
0.1歩でもええです。
0.078歩でも。
勇気ある一歩じゃなくていいです。
勇気ない一歩でも。
勇気ない0.078歩でも。
 
その小さな歩みを繰り返すだけであなたはあなた自身の何かに近づくんじゃないでしょうか。